野口冬人先生から愛用のカメラを頂戴しました
 昭和56年の7月湯原温泉は、集中豪雨襲われ道路は寸断され旅館や温泉の配管も至る所で被害があり復興には数ヶ月かかるとも思われた。私自身も消防団員として連日、復興捜索活動で出動しました。9月に入ると漸く営業再開の目処も立ち始めた時、仲間との話題は今後の湯原温泉のあり方でした。そのような状況下で一条の光が差したのです。昭和55年に発行されていた「湯けむりの里」でした。その中で野口先生が書かれた露天風呂番付で湯原温泉の砂湯が西の横綱として掲載されていたのです。(療養温泉番付けも同時発表、そちらには真賀温泉が上位にランクされています。)これを使わせて頂き町の復興を図ろうと話がまとまり版権のお許しを得る為、有志代表3名で現代旅行研究所を訪ねたのが野口先生との出会いでした。快くご了解を得られ早速ポスターを作成し観光宣伝に活用させて頂きました。この活動は観光従事者に限らず町内外のあらゆる人達と団体にご支援頂き露天風呂の設えも従来以上に完全復興、後には大きな時計台付きの露天風呂番付けの看板も備え付けられました。これにより湯原温泉は、壊滅とまで言われた水害からも復興しその風評も吹き飛ばし元の元気な温泉地になりました。そして何よりも嬉しかったのは,地域の皆さんが温泉地としての自信を持った事でした。
露天風呂番付
 昭和62年6月26日には「ありがとう露天風呂」と名付けたイベントを開催。現在も行われており野口先生や竹村先生にも度々起こし頂き祝辞や講演も行って頂きました。
 平成14年、温泉関係者が温泉についての知識が非常に乏しい事に気付き「温泉指南役養成道場」を始めました。この時にも野口先生から数々のアイデアを頂き、湯原温泉の温泉に自信を持った我々は初めて全国の温泉指南役に準じる取組を行っている温泉地の方にもお声かけし温泉ソムリエやバルネオセラピスト、温泉入浴指導員などの多くの同じ考えを持つ温泉地仲間にお集まり頂き全国温泉指南役サミットを開催したのですがこの時代から湯原温泉にとって温泉は宝物だという意識が芽生えました。
 またこの温泉指南役は医療との連携二も繋がりました。日本で最初に人間ドック付き宿泊プラン「湯けむりドック」を始めるきっかけになりました。
 平成19年岡山ディスティネーションキャンペーンが行われたがこの機会に岡山全域の観光資源を旅行作家の皆さんにより再発見して頂こうと前年から岡山県のバックアップを受けて旅行作家の皆さんを大動員し山、海、鉄道、温泉、食、等多方面からアプローチ「吉備の国岡山再発見の旅」と言う本を発行して頂いた。観光県としては全国的に下位にあった岡山を単に短期間のキャンペーンで売り込むのではなく末永く売っていく為のコンテンツの作成であったわけです。

湯けむりドック
 平成20年野口先生の書籍や参考にされた貴重な古書、概ね5千冊余りを寄贈して頂きました。これを展示する為、旅館組合と観光協会の事務所を大改装。湯原温泉ミュージアムとして観光拠点に作り替えました。1階部分は事務所とイベントや会議などで使える多目的ホール、2階部分は、野口冬人資料館として寄贈された書籍の閲覧コーナー、そして温泉道場を造りました。野口先生の知識が湯原温泉の温泉指南役のバックボーンとなっているわけです。
 ここまで書いて振り返るとまるで年表のように見えますが私が野口先生とご一緒していて先生の人柄に触れたのは、取材のお供で各地を回った時でした。支配人や女将さんからお話を聞く時、とにかく女将さんや支配人さんから宿屋の良いところを聞き出す取材なのです。ご一緒にお聞きさせて頂きましたが、そのぞれのお宿とも長いお付き合いがあるので信頼感を強く感じ私にとっても大変勉強になる経験になりました。最後にご一緒したのは山形の温泉地だったと記憶しています。野口先生の運転で竹村先生と車内での楽しい会話が忘れられません
 先生は湯原温泉の大恩人で有り私の師でした野口先生のご本を読みながら先生を偲び安らかにお休み頂く事をお祈りいたします。

Leave A Comment, Written on 4月 26th, 2017 , 未分類

赤とんぼが飛びだしました。朝夕は、20℃前後と長袖着ないと外歩けません。お盆の混雑も去りのんびりモードのホテル営業です。画像の足湯もお盆には20人以上の方で順番待ちも出てましたが、今はパラパラ。今ならのんびりと温泉街が楽しめますよ。

Leave A Comment, Written on 8月 18th, 2015 , 未分類
Leave A Comment, Written on 2月 9th, 2015 , 未分類
環境大臣表彰

環境大臣表彰

Leave A Comment, Written on 1月 6th, 2014 , 未分類

湯原温泉の旅館組合では「源泉かけ流しの会」を結成、平成25年5月20日、湯原温泉ミュージアムに地元のマスコミの皆さんをお招きし、源泉かけ流し宣言を行いました。ほとんどの宿がすでに源泉かけ流しによる温泉利用は行っていたのですが、各施設において再確認し源泉かけ流し宣言に至りました。

昨日のエコツアーのお客様。あまりにも絵になってましたのでご了解を頂きアップしました。早朝(7時)の佐波良神社でお撮りしました。GWで賑やかな湯街もこの場所この時間は静寂で朝霧に包まれ別世界です。この日のエコツアーは、7時-10時までぶっ続けで計3回半、さすがに最後は、舌を噛みまくりでした(^^;

Leave A Comment, Written on 4月 28th, 2013 , エコ活動, 未分類

湯治というとボロ宿で鍋釜布団まで持ち込んで自炊で食事も行うようなイメージがありますよね。昨年から我が家では湯治のお客様が増えています。7日程度の連泊が普通ですがアトピーの治療で起こしの方は一ヶ月程度の場合も・・。この場合、普通のホテル営業と対応が全く異なってきます。多い時には5名の湯治客が滞在されていましたが、そのお客様とスタッフとの関係は、下宿人と大家さんみたいなアットホームなお付き合いになってきます。一緒に買い物や食事に行ったり趣味の陶芸をしてみたり、パン焼きを手伝って頂いたり・・・アトピーの方などそんな生活を続ける中で最初は部屋に閉じ守られていてお出かけの時にはサングラスにマスク、帽子に手袋という出で立ちだったのが日に日に良くなられ散歩やサイクリングにお出かけの時の服装もマスクやサングラスを外されるようになりお帰りの時には、見違えるほど綺麗な姿です。その時はスタッフも嬉しくてお別れの時には涙が出てきます。湯治のお客様に我が家のどこが良かったのか伺ってみたら、やはり一番はアットホームなサービスといつでも人の目を気にせずマイペースで入浴できるお部屋の温泉がよかったそうです。それから女将の造る手作り料理は皆さん絶賛。夕食のみ一汁三菜程度の簡単な食事を提供する事が多いのですが旬の野菜や山菜、まかないの料理をお出しする程度の事なのですが美味しく毎日楽しみにして下さってます。もちろん普通に観光でお越し下さるお客様も大切ですがアトピー湯治のお客様をもっと受け入れてみたいと思っています。

Leave A Comment, Written on 4月 22nd, 2013 , プチホテルのサービス

通常、天丼号エコツアーという呼び方で行っていますが美作の国建国1300年祭記念と言う事で湯原温泉と「たたら製鉄」に限定したガイドで行っています。所要時間は約30分。是非ご参加下さい。もののけ姫の世界にお連れします。                    

Leave A Comment, Written on 4月 9th, 2013 , エコ活動


1300年祭のイベントで家内と息子はそれぞれイベント会場へ。ナルトのラッピング列車のお迎えです。私はお留守番して湯原温泉のオリジナル1300年祭の準備。天丼号のツアーを古代ロマン:タイムトラベルツアーの企画作成中。

Leave A Comment, Written on 4月 3rd, 2013 , 未分類

ご近所の方から藪ウドやクレソンを頂きました。親戚のおばちゃんの山に行けば採れるのですが、「まだかなぁ」と思っていたらすでに春がやってきていました。この後は、日増しに山菜の種類も増えお客様のお食事にもお出しできます。藪ウドは、味付けしたお豆腐とあえて白和えにコゴミは、天ぷらや煮浸しにします。ワラビは、もう少し先ですが嬉しい自然の贈り物です。
 もう雪の心配もないようです。そろそろ車のタイヤ交換もしようと思っています。

Leave A Comment, Written on 3月 16th, 2013 , 未分類

湯原温泉・温泉指南役のblog is proudly powered by WordPress and the Theme Adventure by Eric Schwarz
Entries (RSS) and Comments (RSS).

湯原温泉・温泉指南役のblog

ある時は温泉指南役、またある時はロンドンタクシーの運転手