トトロと栃の実
佐波良神社で拾ってきた栃の実です。一晩水に浸けて陰干しにしたものです。このまま冷蔵庫に保管して春に植えると芽が出ます。3年ほど植木鉢で育てて山に返します。一緒に育てて下さる方にプレゼントしています。芽が出るととても可愛いですよ。
栃の実

佐波良神社の栃の木「秋の実り」
 毎年、栃の木が実るこの季節になるとソワソワします。昨年は、冷夏で不作、ほとんど採取できませんでした。日の出頃行くと狸や猪が食べていることがありました。こりゃ取ったらかわいそう。と言う事で昨年は、収穫ゼロ。今年は、5月の開花も多くその後の天候も順調で見に行く度に大きく育つ実に機体がつのっていました。8月は、猛暑と雨の少なさに心配しましたが大杉の下で湧く岩清水が枯れることがないので順調に育ったようです。そしていよいよ9月、実が付きすぎて枝が折れるものまでありましたが、10日頃が実が熟し落ちるだろうと予想、ところがその10日未明に台風が接近、翌朝ビデオの様にいってみるとほとんど落ちていません。今日朝から大量に落ちだしました。これから1週間ぐらいが収穫時です。ご宿泊の際は是非ご一緒に拾いに行きましょう。拾ってきた栃の実は、一晩水につけて虫を殺し消毒して冷蔵庫で春まで保管します。雪解けの頃、鉢に植えて芽を出させます。最初1-2年は、これがあの巨大な栃の木の子なのか?と言うぐらい可愛い姿で観葉植物としても楽しめます。その後は、付近の広葉樹林に戻してやります。水を蓄え実らせて山の動物たちも喜ぶはずです。芽吹く時は、ほぼ一斉ですから、まるで「トトロ」になった気分に浸れます。一緒にトトロしませんか?

千と千尋の湯
 湯原温泉の付近は、古くから神湯村と呼ばれていました。全国に温泉は数々ありますが「神湯」と呼ばれていたのは湯原温泉ただ一つです。伝承によれば出雲の神様がわざわざ遠出してまで湯浴みに来たと伝えられています。千と千尋のアニメ映画のようにやおよろずの神々が入れ替わり立ち替わり来ていたのでしょうか?ロマン溢れる昔話です。当ホテル屋上の貸切露天風呂は「千と千尋の湯」と呼んでいます。お客様は「汚れた?神様」入浴中に溜めているお湯だけでは綺麗にならないので毎分200リットルの大量のたし湯を豪快にドドッと注ぎます。

© 2017 湯原温泉・温泉指南役のblog Suffusion WordPress theme by Sayontan Sinha
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien