この冬は、雪が少なくて嬉しいです。ホテルの前や駐車場の雪かきも、まだ2回しかしていません。雪かきする前に溶けちゃってます。お陰様でお客様も例年並みにはお越し頂き助かってます。
何より雪が多いと雪道の運転になれてないお客様からはいくら良い温泉と宿のサービスが魅力的でも敬遠されてしまいますからね。
昨年の冬は、各地で豪雪があり特に年末年始には、群馬の猪苗代と米子市で国道が封鎖され何百台もの車が立ち往生、雪の中で2日間近く閉じこめられるという事態もありましたよね。
それが全国ニュースで大々的に流されたモノですからお正月の稼ぎ時の予約がほとんどキャンセルと言う悲惨な結果に。あの豪雪渋滞もきっかけは、スタットレスやタイヤチェーンを装備していなかった数台の車が原因となったのだそうです。通常、たとえ豪雪になろうとも切れ間無く車ガ走り続けていれば、よほどの事がない限り、立ち往生などという事はありません。雪道に不慣れな数名のドライバーがスタックした為に道路の積雪が増しどうにもならない状況に陥ってしまった、いわば人災ですね。そのとばっちりで湯原温泉でも大変な減収となった次第です。雪国に住むとスタットレスタイヤは必須です。ほとんどのガソリンスタンドや修理工場でタイヤを預かってくれていて12月なれば「そろそろ心配ですから交換しておきます。」と家まで車と取りに来てくれます。春になれば「もう大丈夫、ノーマルに交換・・・」これが当たり前なのでタイヤについては余り考える必要が無い。それにスタットレスタイヤの性能が素晴らしく良くなっており、とにかくスピードの出し過ぎさえ気をつけ、除雪で道幅が狭くなったところは、お互いに譲り合えばスムーズに走れる。良く「タイヤチェーンが有るから大丈夫」と言われるお客様がいるのですが山岳地帯を通る自動車道は、トンネルが半端じゃなく多い。特に金属タイヤチェーンは、無雪部分を20㎞も走ると切れてしまいます。長いトンネルに出くわす度に外し、また出口で装着という事になり、うんざりする事に。またタイヤチェーンは、ゴム又はスプリングでひっぱり固定されていますが、スピードを上げると遠心力で膨らんでフェンダーをガンガン打ち付けます。横滑りに弱いし結局、時速30キロのスピードしか出せない。こんな車が自動車道の対面通行で片側1車線の部分をトコトコ走られたのでは後続の車は、たまったモンじゃない。今日は、雪国ドライバーの本音が全部出てしまう書き込みになってしまいました。

 どうも話が横道にそれちゃいましたが雪の温泉地は、湯けむりも上がりとても魅力的です。湯原温泉も日経新聞の何でもランキングで「雪景色の素晴らしい温泉地」で日本一になりました。

Leave A Comment, Written on 1月 30th, 2013 , 未分類

今年4月からCIDP治療で受けているヒト免疫グロブリンの点滴が以前の月に一度(5日間)ある程度、患者の都合で日程調整出来ていたが、この4月からは治療最終日から30日経過しないと次の治療が受けられないことになりました。1回5日間の治療は、余程、順調に日程調整出来た場合に限られ土日の休日にまたがったり立場上どうしても欠席できない会合などがあると10日間を要する場合もあります。したがって治療スパンは30日ではなく35日~40日と言う事になります。ヒト免疫グロブリンの効果は、3週間程度しか無い為、最終治療日から22日あたりから徐々に体調が悪くなります。30日経過時点では私の場合、コップすら持てない程、左手の筋力が低下し、右足の甲が持ち上がらない為、気をつけないと転倒することもあります。昨年は、多忙で治療時期を逃すことが多く2度の骨折と脱臼を経験しました。これは私の自己管理が悪かった為ですが今回の医療制度の変更では、体調が悪くなっても治療時期を調整することが出来なくなります。必然的に家族の介護負担も増えることとなり行動範囲も狭くなります。そろそろ何かと限界を感じだす今日この頃・・・。

Leave A Comment, Written on 5月 18th, 2012 , CIDP闘病記

砂湯が生まれて以来守られていた入浴ルールの一部が変更されました。


従来、裸ではいることが前提であったのですが時節柄、以下のように改正されました。
1.混浴でご利用いただく為、男女ともタオル等を着用してご入浴下さい。
  ※みだりに身体を露出させないよう慎みを持ってご入浴下さい。
また追加項目として・・
7.入れ墨等をされている方は、他の方に不快感を与えます  のでご入浴をご遠慮下さい。
以上の改正が2012/04/05より行われました。

Leave A Comment, Written on 4月 5th, 2012 , 温泉力


昨年9月の台風12号によるダムの放水で壊滅的な被害を受けた砂湯も多くの皆さんのご協力で平成24年1月27日に完全復旧いたしました。なんとその翌日2012年1月28日の日本経済新聞のNIKKEIプラスワンの「何でもランキング」の「家族でいける露天風呂」で見事に3位に入賞しました。これは各旅館などでは女性の為の湯浴み着を準備したり、男性の方にもみだりに裸を露出させないようにお願いしている事が認められたのではないかと思われます。このランキングでの砂湯の入賞は2度目で2004年には「雪景色の似合う露天風呂」で見事一位になっています。

Leave A Comment, Written on 2月 4th, 2012 , 温泉力

2011年9月台風12号からの復旧
昨年9月3日、台風12号による豪雨で湯原ダムが過去最大の毎秒500トンの大放水。河川にある露天風呂は土砂で埋まり岩組が至るところで崩落した。地元の人たちは放水が止まった9月6日復旧作業に取りかかり2日後の8日には長寿の湯をのぞき子宝の湯、美人の湯は復活。脱衣場など建築物については一級河川内の建築物と言う事で調整に時間を要し結果、緊急時には撤収できるコンテナタイプで設計2012年1月27日に完全復旧しました。この新しい脱衣場には管理人室、防犯ライトとブザーそして防犯カメラを設置しました。

Leave A Comment, Written on 2月 4th, 2012 , 未分類

50回はんざきポスター

50回はんざきポスター


今年のはんざき祭りは、50周年を迎え完全リニューアルします。はんざきの山車もねぶ風が加わり、道中囃子も新しい曲になったり。また花火大会も湯原ダムの下で打ち上げますので音もスケール感もダイナミックです。是非、お越し下さい。

Leave A Comment, Written on 7月 9th, 2011 , 未分類

全国露天風呂番付で西の横綱にランクされている湯原温泉が、町の観光を支えてくれる温泉と地元の人々、そしてお客様へ感謝して行われる。大温泉感謝デー。昭和62年から全国に先駆け6月26日を語呂合わせから「露天風呂の日」と名付けイベントを繰り広げている。地域興しイベントとしても全国的に有名でカレンダーにも記載されるようになった。当日は、旅館&ホテルの内湯が無料解放されまう。また抽選となりますが貸切露天風呂も無料で入浴できます。宿泊料金も¥6,260になるなど飲食店、土産物店まで参加しての遊び心満点のユニークなイベント。

Leave A Comment, Written on 6月 24th, 2011 , 未分類

次年度開催県挨拶

次年度の全国旅館生活衛生同業組合連合会全国大会が岡山に決定しました。なんと90回の記念大会です。全国から約1000名の皆様をお迎えすることになります。

Leave A Comment, Written on 6月 9th, 2011 , 未分類




お客様、ご夕食がお済みです。これから私たちの食事タイム。本日のまかないは?うなまぶし、水菜と竹輪、きぬさやの吸い物、鮎の塩焼き(メニュー変更の残り物)、牛の叩きの端っこ、鴨のローストの端っこ、キムチ、・・。

Leave A Comment, Written on 6月 4th, 2011 , 未分類

今日は。湯原町インターネット利用促進委員会がありました。湯原町旅館協同組合、湯原観光協会、商工会で運営する合同ホームページです。今年はさらにパワーアップを図ります。湯原温泉HP

Leave A Comment, Written on 6月 3rd, 2011 , 未分類

湯原温泉・温泉指南役のblog is proudly powered by WordPress and the Theme Adventure by Eric Schwarz
Entries (RSS) and Comments (RSS).

湯原温泉・温泉指南役のblog

ある時は温泉指南役、またある時はロンドンタクシーの運転手