岡山道が6/28から無料に・・。湯原ではこれを記念して観光キャンペーンを実施。まず特別宿泊料金をご準備。立ち寄り湯も事前に喫茶やレストランを利用すれば入浴料の割引、また各お店に備え付けのチラシで宿泊券などが当たる抽選会に参加頂けます。とにかくお得で楽しめますよ。ホタルも河鹿蛙もお待ちしています。当プチホテルでは立ち寄りのお客様にオルゴールの無料演奏会や(am11:00-pm4:00)足湯へのかき氷(有料)の出前のサービスを行います。

毎月月末にCIDPの治療で「ヒト免疫グロブリン」の点滴をしているのですが血液製剤の大量投与と言うことで7時間ぐらい拘束されます。それを毎月5日間行います。これがいろいろと負担になります。月末と言うことで事務所が忙しい。そしてこの6月は6.26露天風呂の日など町のイベントの会議や準備などがあり治療を受けるヒマがないのです。この薬の効果は3週間程度ですので前回5月の月末に投与されたヒト免疫グロブリンが切れてきた模様。足はもつれるし手は力が入らない上に燃える様な熱さを感じる。薬が切れて自分自身の免疫が復活し神経をガジガジ齧っている様な感覚です。久しぶりに薬切れの体調を実感しています。7月も次々とスケジュールが埋まってきた。何とか治療日を確保しなければ・・きついです。こうなると夜な夜な町で生き血を求めてさまよい歩くかも。

今から3千万年前から姿を変えずに生息し活きた化石とも呼ばれる大山椒魚(おおさんしょううお)、地元では半分に引き裂いても生きていることから「はんざき」と呼ぶ生き物です。湯原温泉にはその生態が間近に観察できる「ハンザキセンター:正式名→おおさんしょううお保護センター」があります。そのには150センチを超える巨大なはんざきがいます。1メートルクラスの他の個体にはそれぞれ名称が付いていたのですが、この大きなはんざきには名前がありませんでした。。この度、募集を行いつのり「りゅう」と言う名前が選ばれました。選考委員会では昔、10mのはんざきが住んでいた龍が淵に通じるところから決定されたそうです。それにしてもデカイです。

今まで情報発信は、ホームページに頼りblogは、借り物を利用していました。最近、流行のtwitterやUストリームなどのツールを上手に活用するにはblogも重要に思える様になりました。遅まきながら自社サーバーにWardpressをインストールし、一からやり直したいと思います。

© 2017 湯原温泉・温泉指南役のblog Suffusion WordPress theme by Sayontan Sinha
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien