湯原温泉の旅館組合では「源泉かけ流しの会」を結成、平成25年5月20日、湯原温泉ミュージアムに地元のマスコミの皆さんをお招きし、源泉かけ流し宣言を行いました。ほとんどの宿がすでに源泉かけ流しによる温泉利用は行っていたのですが、各施設において再確認し源泉かけ流し宣言に至りました。

湯原温泉は、分雪地帯で通常は夜間や早朝でない限り冬でも普通タイヤでお越し頂けます。万一の積雪で高速道にタイヤ規制が出た場合には久世ICまで送迎いたします。お車は久世ICの駐車場に無料で置けます。

今から3千万年前から姿を変えずに生息し活きた化石とも呼ばれる大山椒魚(おおさんしょううお)、地元では半分に引き裂いても生きていることから「はんざき」と呼ぶ生き物です。湯原温泉にはその生態が間近に観察できる「ハンザキセンター:正式名→おおさんしょううお保護センター」があります。そのには150センチを超える巨大なはんざきがいます。1メートルクラスの他の個体にはそれぞれ名称が付いていたのですが、この大きなはんざきには名前がありませんでした。。この度、募集を行いつのり「りゅう」と言う名前が選ばれました。選考委員会では昔、10mのはんざきが住んでいた龍が淵に通じるところから決定されたそうです。それにしてもデカイです。

© 2017 湯原温泉・温泉指南役のblog Suffusion WordPress theme by Sayontan Sinha
WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien